猫だらけ旅まみれ

三十路OLの旅Blog。より良い海外旅行の為の、過去の記録と検証とノウハウも!

フランス旅行2018春 〜総括編〜

f:id:kanaco-mochi:20180530234145j:plain

と、言うわけで帰ってまいりましたフランス周遊!
素晴らしかった〜!カフェの一つも入れなかった8年前と比べて大満喫してまいりました。ご飯美味しいし、人も優しいし、言うことなし!

既に帰国から1ヶ月が経ち、今回こそ、今回こそタイムリーに旅行記を上げるんだ…と強く思いつつ、まずは総括編を書こうと思います。

雑情報

旅行期間 2018年4月19日~4月25日
必要経費 215,199円

(内訳)ツアー【h.i.s.】 179,800円
空港使用料、現地税他【h.i.s.】 10,030円
燃油サーチャージh.i.s.】 20,600円
保険【@とらべる】 3,840円(2人)
wifi【グローバルwifi】 5,698円(2人)

両替

為替132.30円でレート136.59円(トラベレックス) 30,050円分=220€

まずなにより…

まんまとストに巻き込まれた(笑)

空港についてフライトインフォメーションを見たら…翌日運航って何?

エールフランスのスト予告に帰国日の4/24が含まれていたので、帰ってこれないかもしれないのは覚悟していたんですが…まさか旅立てないとは思わなんだ。
要するに4/18のストで機体がこっちに来てない → 乗る飛行機がなきゃどうしようもないよねということらしい。ぐぬぬ

まぁ飛ばないものは仕方ないわけですが、なんせ今回もH.I.S.のお得なプラン。格安航空券ではろくな保証もない?一体どんな扱いを…!!とドキドキしていたんですが、予想に反して超手厚い対応をしてもらえました。

◇ 影響
・フライトが19日14時発から20日8時発に変更
・本来「19日夕方パリ着 → 1泊 → 20日朝からル・アーブル、オンフルール、ブブロン・オン・オージュの3都市を巡り → 夕方モンサンミッシェル」というスケジュールだったところ、「20日昼にパリ着 → 移動開始 → 夕方モンサンミッシェル」に…

◇ 対応
・1日目の宿泊と2日目の観光がカットになった分、見舞金として1万円返金。
(オプションの食事を申し込んでいた人は、1食無しになるので+4,000円返金)
(日程が変わるならキャンセルしたいということであれば、全額返金!)


・空港内で使えるミールクーポン1,500円。
(午前11時集合だったので昼食用に)

・本日の宿泊先確保。なんとニューオータニ!
 しかも夕食用のミールクーポン7,000円付き! (勿論ホテル~羽田間の往復送迎も付いてます)
(自宅に帰りたい人はそれでもOK)

ね、十二分な対応じゃないですか!
正確には日程変更に対する返金以外はエールフランスからの保証ですが、交渉したのは添乗員さんなのでHIS様々。何ならこんな機会でもなければニューオータニで優雅にホテルステイなんてすることないので、結果オーライどころか最高でした😍

ただ、今回の添乗員さんは50代くらいの男性で、かなりのベテランさん。その人だったから、スムーズな交渉が出来た可能性もある?かも?母曰く、「ストの予告が出てたからベテランが送り込まれたのでは!?」とのこと(笑)


良かったこと

・天気がとにかく良かった

そんなこんなでしょっぱなからすったもんだありましたが、現地に付いてみれば素晴らしいお天気に恵まれた毎日でした。晴れ続きで気温は最高22~27℃/最低12~16℃といったところ。何日かは春を通り越して夏の陽射し!☀️

・服装詳細
最高気温が高めの日サラファインのキャミソール+半袖のカットソーやTシャツ+長袖の薄手カーディガン+ジーパン。ストールも持ち歩きましたが、使う機会無し。
最高気温低めの日ヒートテックのキャミソール+七部袖のTシャツ+長袖のカーディガン+午前中は薄手の上着。ストールは巻いたり巻かなかったり、といった感じ。

※いざ冷え込んだ時の為に裏ボア付きのパーカーを持っていきましたが、機内、モンサンミッシェルの夜、バスの中なんかは寒かったので役には立ちました。が、とにかく重くてかさばる…次回以降要検討。


・ツアーメンバー

27名というほぼ上限の大所帯!
ですが、ほぼ自由行動だったこともあって特に不便は感じませんでした。バスも余裕で1人2席利用可。男女比1:4、若手年配比率2:3くらい?今回は団体行動が少なかったので、さすがにちょっと曖昧です…


・「モネの庭」探訪

無事に成し遂げました!🤗 🙌
やはり国鉄ストの影響が有って滞在時間は当初予定していた半分になりましたが、晴天だったのもあって最高に気持ちよかった。詳細はまた旅行記の方で書こうと思いますが、電車も案外簡単に乗れたので、今度は是非とも睡蓮の咲いている時期に行けたらなぁと思います。


・クロワッサン

というかパン全般、やっぱり美味しかった。パンオレザンとかもう最高…!そして日本と比べて安い気がします。母も褒めてた、よかった!


・セパレート足置き

これも今回初めて導入した機内グッズです。商品リンク後で貼っておきますが、足が自然な状態になってなかなか快適。いいです。


・トラベルケトル

今回行ったホテル、ポットありました…が、悔しいので自前のものを使用しました(笑)
便利!すぐ沸く!初日とか最終日近くとか、どうしてもお味噌汁が飲みたくなったり、部屋食する時にスーパーでインスタントスープ買って飲んだりするので、ホテルにポットなかったら…というのは意外とストレスなんです。思い切って買ってよかった。トランクの中でも意外と嵩張らないし、これはいい買い物。


uber

パリはuber使えます!
滞在中17時頃と21時頃の2回使いましたが、呼べば2〜3分で来てくれました。
電車の無いハワイと違ってパリにはメトロがあるので、それに比べると勿論割高なんですが、体力温存したい時や夜遅くなった時など、無闇に歩き回る必要無く、ココtoドアで連れて行ってくれるのでやっぱり便利です。


目論見が外れたこと

モンサンミッシェルはガイドなし

「散策」でも「各自入場」でもなかったのでガイドありだと思い込んでたんですが、入り口までは添乗員さんが引率、そこからは自由散策でした。改めて日程表を見ると、モンサンは「修道院へご案内します」、ヴェルサイユ宮殿は「日本語ガイドがご案内します」…うむ、確かに?
個人的には自由時間が増えれば増えるだけ嬉しいので、目論見が外れたとは言え無問題ですが🙆‍♀️


ヴェルサイユ宮殿はイヤホンガイドなし

なかったんです…館内はすごい人だったので、ガイドさんのお話ほぼ聞こえずでした。残念😂 解説が聞こえないのに自由にも歩けないという中途半端な状態だったので、イヤホンガイドありでキッチリ勉強になるか、潔く自由散策か、どっちかがいい。


・飛行機用耳栓、アイマス

結論から言うと、いらないかもしれない…
今回機内も着陸後も比較的気分よく過ごせたんですが、これらのアイテムのおかげか、単に体調が良かったのか判断がつきません(笑)

耳抜き無しでも耳の奥がプツプツいわなかったので、耳栓は恐らく効果有り。ただ、当たり前過ぎてビックリするほど気付かなかったんですが、これしてると映画見れないんですよ💀
効果有りといっても個人的にはガム噛んでるのと同程度なので、映画見れないデメリットの方が大きいかな~。
アイマスクも同じく、つけてると映画見れないし、見てるうちにウトウト~っと寝てしまうので着ける暇がなく…ただクビにかけているだけでした(笑)

ただ、フライトの時間とか体調とかでいつか恩恵を得ることもあると思うので今後も連れて行こうと思います。嵩張るものじゃないし。


・マイル付かなかった…

エールフランスJALのマイルが付く場合もあるということだったんですが、きっちり対象外でした。ツアーだから予約クラス低いだろうし、大して期待してない…といいつつ、ちょっとショック!私の13,000マイル😂



以上、ざっとこんな所でしょうか。
スト巻き込まれという事件はあったものの、今回は割合思惑どおりに事が運んだ印象でした。満足!

途中で思いついた事があったら追記もしていきますが、次回からは旅行記に取り掛かろうと思います💡